スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夢が…」宝くじ販売停止判定でファン悲しむ(産経新聞)

 仕分け会場の傍聴者からは拍手がわくほどの支持を受けた「宝くじの販売停止」の判定。だが、実際に宝くじを買っている人たちからは、無駄な支出を押さえることには理解を示しつつも、「夢が無くなる」「こんな不景気だからこそ残して」といった声が聞かれた。

 宝くじの売り上げが日本トップクラスという東京・銀座の「西銀座チャンスセンター」。ドリームジャンボの発売中とあって21日も長い列ができていた。

 東京都江戸川区の会社員、原田修さん(55)は「無駄な支出は改められるべきだが、買わないと当たらないと思い続けて30年。当たらないのはわかってるが、なくなると夢が1つなくなってしまう」。

 ジャンボ宝くじを毎回30枚ぐらい買うという東京都板橋区の会社員、山田勇一さん(41)は「こんな不景気だから盛り上がっていかないと暗い話しか出なくなってしまう」と話す。

 「宝くじを買うためにお金をためていたこともあるぐらいなのに。信じられない」と話すのは、都内の私立大4年の女性(22)。「宝くじを削るぐらいならほかのことを削ってくださいと言いたい」とも。

 東京都府中市の会社員、長谷川里江さん(49)は「当たらなくても収益は寄付され役に立つと思っているので買っている。なくなってしまうと悲しい。全部切り捨ててしまうのはおかしい」と事業仕分けの方針を批判した。

【関連記事】
「問題解決するまで宝くじ販売やめよ」 事業仕分け第2弾
「適切ですか」「根拠は」天下り法人をバッサリ 事業仕分け
不透明配分、独占販売…仕分け、宝くじ協会などメス 
事業仕分け 電気メーター検定を見直し 実務丸投げ「資格・検査」法人
事業仕分け 審査せず交付で収入11億円…「資格・検査」法人
中国が優等生路線に?

国家公務員の新規採用39%減=11年度、半減目標達成できず―政府(時事通信)
<口蹄疫>宮崎県西都市でも新たに感染の疑い 2市4町に(毎日新聞)
<朝鮮総連>議長ら再任 朝鮮学校への高校無償化適用求める(毎日新聞)
皇太子さまが兵庫へ(時事通信)
【集う】イラクに散ったジャーナリスト故・橋田信介氏を偲ぶ「タンポポ忌」(産経新聞)
スポンサーサイト

<スズメ>激減? 日比谷公園で全数調査(毎日新聞)

 「近年スズメを見かけなくなった」との声がバードウオッチャーの間で相次いでいるため、「日本野鳥の会東京」(東京都新宿区)は、東京都千代田区の日比谷公園で今後、10年間に及ぶ全数調査を始めることになった。スズメは身近な存在になっていることが裏目に出て、長期的な調査がほとんど行われていない。第1回は15日午前8時に実施する。

 スズメの数については、立教大の研究チームが、農作物被害面積の減少率などから、半世紀前に比べ10分の1に落ち込んだ可能性を指摘。原因として、都心部を中心に巣作りに向いた木造住宅の減少や、餌場となる空き地や草原が減ったことが考えられている。

 しかし、個体数は、ガンカモ科の水鳥やタンチョウのような希少種と違い、調査が乏しく、よく分かっていないのが実態だ。

 そこで、野鳥の会東京は、春の繁殖期と越冬期の年2回、再開発が進む都心にあり、遊歩道を歩きながら野鳥の数を確認しやすい日比谷公園で調べることにした。調査は10年間続ける予定で、スズメの数を記録するほか、他の野鳥の種類や数、外敵のネコの数も把握し、減少の原因を探る。

 中村一也代表は「スズメは人とともに暮らしてきた鳥だ。どんな環境変化が起きているのか発見したい」と話す。【田中泰義】

【関連ニュース】
<写真特集>放鳥トキ:巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく
<毎日動物園・鳥類別館>カラスの数は? 上野動物園前でえさを待つ
<写真特集>小笠原の動植物 アカガシラカラスバト(絶滅危惧種)
<写真特集>スズメの焼き鳥:100年の名物ピンチ 退治、御利益ありすぎた? 京都・伏見
タンチョウ保護--北海道・釧路湿原

【from Editor】名簿奨励条例への期待(産経新聞)
特別な看病演出「居心地よかった」 娘点滴混入死で母(産経新聞)
ポリ袋入り遺体、重りはいかり 横浜・鶴見川の女性遺体(産経新聞)
<寂光院>放火から10年 消防訓練で思い新た(毎日新聞)
エフセキュアが新しいライセンス形態の 「エフセキュア ビジネス スイート」を発売開始

ホームと電車の間に男性はさまれる(産経新聞)

 6日午前7時半ごろ、神戸市東灘区御影本町の阪神御影駅下りホームで、同区の会社員の男性(20)が倒れ、ホームと停車中の梅田発姫路行き直通特急の車両のすき間にはさまった。東灘署などによると、男性は、胸から上の部分がはさまった状態になっており、駅員5人と周りにいた乗客数人が協力し、男性を車両の最後尾まで数メートルスライドさせて救助した。男性は骨盤の骨を折る重傷とみられる。このため上下計8本が運休し、計101本に最大22分の遅れが出て、計約5万人に影響が出た。

【関連記事】
踏切横断で3万人影響 朝のJR大阪環状線
京葉線で人身事故、2万9千人に影響
ずっと「赤」…信号異常でJR片町線乱れ 大阪・大東
特急電車の窓ガラス割れる JR阪和線
92歳女性、電車にはねられ死亡 20メートルの踏切渡りきれず 大阪・松原
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

生体移植で寄付受領 東京医科大八王子センター、3年間に1360万円(産経新聞)
<火災>道の駅土産物店内部焼ける けが人なし 北海道(毎日新聞)
【こども】小学校の余裕教室→保育園の分園 優しさはぐくむ良い機会(産経新聞)
小沢氏起訴相当 首相「参院選に影響ある」(産経新聞)
首相動静(5月4日)(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。